コンテンツへスキップ

1号認定・2号認定・3号認定ってなに?

「認定こども園」などの施設を利用する際によく耳にする「1号認定・2号認定・3号認定」とはどういったものなのか?皆さんご存知でしょうか?

 

施設を利用する場合には、お住まいの市町村から認定を受ける必要があり、「1号認定・2号認定・3号認定」とは、この認定の区分のことです。認定の区分は、お子さんの年齢や家庭の状況によって決まり、認定の区分によって、利用できる施設、利用時間などが変わります。

 

ここで皆さん気になってくるのが、「一体うちの子はどれにあたるのか?」というところではないでしょうか?簡単に説明させていただきますね!

 

大きなポイントは、子どもの年齢が満3歳以上か3歳未満か、また、両親が共働きなどの理由で、預かってもらうことが必要かどうか(保育の必要性があるかどうか)です。

 

 

1号認定について

まず、1号認定というのは、満3歳以上で保育の必要性がない(教育を受けさせることを希望する)子どもたちです。保育の必要性は、保護者の就労状況などによって決まります。

1号認定の子は、主に「幼稚園」か「認定こども園」を利用することになります。

教育時間は午前中から昼過ぎまでですが、最近では夕方までの預かり保育に対応している施設も増えてきているようです。

 

 

2号認定・3号認定について

次に2号認定・3号認定ですが、2号認定は満3歳以上、3号認定は満3歳未満という年齢の違いはあるものの、いずれも保育の必要性がある子どもたちです。両親が共働きであったり、妊娠・出産で保育が必要という場合も2号認定・3号認定となります。

2号認定・3号認定の子は、主に「保育所」か「認定こども園」を利用することになります。

2号認定・3号認定の場合、保育の必要性の程度についても、保育必要量として認定されており、保育短時間認定と保育標準時間認定があります。保育短時間認定は施設を1日8時間利用でき、保育標準時間認定は施設を1日11時間利用できますが、多くの施設が延長保育に対応していて、園の開園時間の範囲で認定された時間を超えて利用することができます。

 

富山県は共働き率が高い県なので、2号認定・3号認定というご家庭もきっと多いはず。

 

また、先ほど例に挙げたように、妊娠・出産をされる場合だったり、保護者の病気・ 障害がある場合、さらには求職活動中、育休中の継続利用が必要な場合なども、2号認定・3号認定の対象になります★

 

2人目、3人目の出産の際、少しでも長い時間上の子を預けられるのは有り難いですよね。認定が変わる場合、手続きが必要なので、前もって確認しておくと良いですよ!

 

こんな場合はどうなんだろう…?と疑問に思うことがあれば、預け先の園やお住まいの市町村の窓口にて、気軽に相談してみてくださいね。

 

 

(ちなみに、何故1号、2号、3号と呼ぶかというと、子ども・子育て支援法第19条第1号~第3号で定められているからなんですって。)

PAGE TOP